ヴィッキーさん物語

ヴィッキーさん物語

「指を口にいれて。大丈夫だから」

ヴィッキーさんはその人生のなかで自分の意図とは関係なく、さまざまな人のヒーリングに立ち会うことになりました。 そこでヴィッキーさんが演じたのはヒーラーの役割でしたが、それはいつもけっしてヴィッキーさん…

ヴィッキーさん物語

天の波長と同調する助けとなるもの

ヴィッキーさんはヒーリングということに関して、とても厳密な感覚を持っていらっしゃったようです。 つまり、ヒーリングというのはそれが起こる必要があるところに、道具となる能力をもった媒体が存在してはじめて…

ヴィッキーさん物語

「ニュー・ブリス(新たな至福)」

私たちにとってはヴィッキーさんはオーラソーマの創始者として記憶されています。 もちろんそれに間違いはないのですが、しかし最終的にその天命を実現するまでに、彼女はこの世に誕生してからも多くの準備を重ねて…

ヴィッキーさん物語

ブルー、マゼンタ、バイオレット

オーラソーマには色を配置するテンプレートが大きく分けて2種類ありますよね。 ひとつは人間のチャクラと色の対応させて、色彩を垂直方向に縦に並べて配置する図式で、これにはボトルを強く振って乳化させた液体を…