さがわよしえさんの≪置かれた場所で咲き続ける、オーラソーマ≫ その3

山口県山口市で
オーラソーマティーチャーをしている
さがわよしえです。

先日、高校生を対象に『オーラソーマ』の授業を学校でさせていただく機会に恵まれました。

学校という場でオーラソーマを紹介することは、高校生たちの「願い」であり、そして、その先生の「夢」でもありました。

そのすてきな経験を前回に引きつづきシェアさせていただきます。

(前回のお話はこちらでお読みいただけます。
 その1:https://aura-soma.jp/blog/archives/42281
 その2:https://aura-soma.jp/blog/archives/42695

☆彡

2014年にオーラソーマを学びにわたしの元にやってきた高校教師のあいちゃん先生。

あいちゃん先生受け持ちの生徒は、『福祉コース』の高校生たちでした。

そこで、この機会にオーラソーマが大好きな生徒たちとともにオーラソーマ製品を使って『福祉コース』で学んできたことを活かし、何か提供できないだろうか?

そう、相談されたのでした。

彼女は、わたしが福祉科の高校出身で、以前に病院に勤め、そのなかでオーラソーマを活かしていたことを知っていました。

そこで決まったのが、オーラソーマ製品を用いて【手浴】を提供するということでした。

フラワーシャワーやイクイリブリアムボトルを選んでもらい【手浴&トリートメント】をしながらコミュニケーションを取り、くつろぐ時間を提供すること。

これが、福祉コースの生徒たちが大きなイベントで実施したものです。

それは、それは、大盛況&大成功でした。

そのときの様子や、お客様のアンケートを載せた記事があります。
https://ameblo.jp/grace-yamaguchi/entry-12416266354.html

生徒さんたちがキラキラ輝いている姿をぜひ、ご覧いただきたいです。

この経験をした高校生たちは、ますますオーラソーマが好きになります。

「もっとオーラソーマのことが知りたい!」
「全部のボトルを見てみたい!」
「実物のボトルから本選んでみたい!」
「この経験を後輩たちにも経験してほしい!」

卒業間近の彼らの声を、わたしはあいちゃん先生から聞いていました。

その声に応えたい!

それが、今回高校でオーラソーマの授業をするきっかけでした。

そのためには、学校の協力や他の先生方の協力が必要不可欠でした。

この異例の授業を学校サイドは全面的に協力してくださり、あいちゃん先生と生徒たちの夢が現実となったのです!

それには、“あいちゃん先生”のこれまでの在り方が大きく影響していると思うのです。

日々、日常のなかで当たり前のように

●職員室でポマンダーを使ってケアをしたり
●生徒たちとオーラソーマを語り合ったり
●他の先生方にオーラソーマ?製品を紹介したり

この学校のなか(あいちゃん先生の日常)にはいつも当たり前のようにオーラソーマがあり、

自然とまわりの人たちと共有していた日常があったからこそ今回の機会をいただけたのだと思っています。

この授業の当日、予想以上に生徒さんたちは目をキラキラと輝かせてボトルを選んでいた姿が印象的でした。

なかには、ボトルの名前を知っている子たちもいて、ほんとうに驚きと歓びの連続でした!

校長先生とあいちゃん先生。

校長先生も授業の様子をのぞきに来てくれました。

ボトルにも興味深々です。

時間を作って、一緒に参加してくださった先生方、お仕事の合間に授業の見学に来てくださった先生方、

生徒さんたち以上に楽しんでくださり、放課後いろいろ質問してくださったのも印象的でした。

放課後、ポマンダーの使い方をレクチャーしているところ、

オーラソーマに年齢も性別も環境も関係ない!!

すべての人たちが必要とし、
すべての人たちに愛されるものなのだということを
今回の機会であらためて再確認することができました。

オーラソーマのイントロダクションのあとは、3年生がイベントで行った【手浴】を後輩たちへレクチャーする時間を作りました。

もちろん、オーラソーマ製品を使って行いました。

フラワーシャワー&ポケットレスキューを使用しました。
https://artbeing.com/aura-soma/flower/
https://artbeing.com/aura-soma/pocket/

この時間がどれだけ有意義だったかは、この写真を見ていただければご連絡理解いただけるでしょう。

後日、みなさんの感想をいただきました。
その一部をご紹介します。

※学校サイドにも許可をいただいております。

*・。*゜・。・o゜・。*

〇今日はたくさんのオーラソーマを見ることができ、
 とてもしあわせで胸いっぱいになりました。
 目がキラキラしました。
 あらためてオーラソーマはとてもすてきだなと思った1日でした。
 そして放課後も話を聞いてもらったりしたので、
 とても自分を見つめなおすことができて充実しました。
 終わったあとももう一回やりたいとずっと思っていました。
 ほんとうにたのしかったし、心のなかがすっきりとした1日でした。
 ぜひ、オーラソーマのことについて知りたいです。

〇3年間福祉を学んできたけど、
 ほんとうに福祉コースでよかったなって思いました。
 オーラソーマについて深く学ぶことができたし、
 色のボトルでいろいろなことがわかっちゃうので
 自分の心を読まれているみたいで怖い部分もあるけど、
 その反面、興味深いことがわかるなぁって思いました。
 このメンバーで授業をするのも今日で最後だったから
 さみしい気持ちになるけど、ほんとうに楽しくて
 この福祉コースという科でたくさんのことを学んだ体験はいつまでも忘れません。
 進学しても、生かしたいです!
 重岡先生、○○先生、○○先生、約3年間ありがとうございました。
 一緒に授業ができて嬉しかったです!
 これからも頑張るので応援してくれたら嬉しいです!!
 3年間の大切な思い出のひとつになりました。
 ほんとうにほんとうにありがとうございました。

〇116本のオーラソーマを見て感動しました。
 こんなにいろんな色やきれいな色があるのだと思いました。
 こんなきれいなものを自分たち以外の人にも見てほしいと思いました。
 そしてオーラソーマを知らない人にも知ってほしいと思いました。
 今日来てくださった講師の先生に感謝をしたいです。
 貴重な経験をさせていただき、すごく楽しかったです。
 最初は、はじめて会う人と授業をやったり、
 3年生と授業をやるということで不安だったり
 緊張したりしていました。ですが、教室に入ったとき、
 講師の先生が気軽に声をかけてくださいました。
 気づいたら不安もなくなっていたし、緊張もしていませんでした。
 いつか、大人になって機会があればオーラソーマについて
 もっと詳しく学びたいと思いました。

*・。*゜・。・o゜・。**

こんなに純粋でピュアな想いを届けてもらって、ほんとうに嬉しかったです。

これもすべて、あいちゃん先生自身の「夢」からスタートし、
自分の置かれた場所で、自分と自分の大切なものを育んできた
彼女の在り方があったから実現したのです。

だからこそ、「学校」という場所、そして「授業」という形でオーラソーマを紹介させていただけたのは、学校側の協力なくしては、実現することができなかったことです。

この場を借りて、この貴重な体験をさせていただけたことに感謝します。

きっと、ここから、こういう機会が当たり前のように広がっていくんだろうなーと確信もしています。

だって、あいちゃん先生のようなオーラソーマを日常で活かす人がどんどん増えていくから・・・

ふたたび、あいちゃん先生に聞きました。

*・。*゜・。・o゜・。*

【Q】あらためて、学校や生徒たちが
 オーラソーマに触れる機会があることをどのように思いますか?

【A】オーラソーマに触れているときの生徒は、
 いつも以上にキラキラします。ワクワクしているような、
 とても興味を持った輝いた目でボトルを見て、選んで・・・。
 ときに真剣な表情も見せます。
 4本を選ぶ時間のなかから、すでにその人のキラキラが
 あふれていて、自分が自分のために作る時間って、
 こんなにも人は輝くんだ! って、思いました。

 自分が自分のことだけを考えてる時間・・・そう言われてみれば、
 わたしたちは日常でそういう時間を取れているときがあるのかな?

 オーラソーマは、ほかのことはいったん置いて、
 自分が自分と話ができる時間だと思います。

 誰にとっても、そのような時間が必要だと感じるけど、
 「自分って?」と自分を作っていく時期の生徒にとって、
 オーラソーマで自分を思いだすという時間は、
 今後もあったらいいな~って思います。

【Q】これからどんなふうにオーラソーマを活かしていきたいと思っていますか?

【A】もっともっとオーラソーマを好きになると思います。
 日々、その想いが増しています。

 生かし方はこれまでと変わらないのかな~っと思うけど、
 わたし自身はティーチャーも目指したい思いが強くなっていて、
 オーラソーマを常に学びつづけたいし、
 オーラソーマを大切な人たちと共有していたい、
 オーラソーマに触れることで、わたしがわたしのことを
 もっと知って、自分ともっと仲良く在れるし、自分が好きな自分で在る。
 そのために、わたしにとってオーラソーマは必要なのです。

*・。*゜・。・o゜・。**

オーラソーマは、わたしにとっても特別なものではありません。

日常の一部なのです。

わたしがわたしを大切にするとき、いつも傍にオーラソーマがあります。

別の言い方をすると・・・

オーラソーマに出逢い、活かすことができたことで、
自分自身を大切に扱えるようになったのです。

わたしはわたしの場所で、
これからもわたしを通して
オーラソーマを広げていきたいと思っています。

理由はひとつ!

だって、キレイなんだもん☆ 笑

さがわよしえ プロフィール

山口県山口市 リラクゼーションサロン&スクールgrace
HP:http://www.grace-yamaguchi.com
ブログ:http://ameblo.jp/grace-yamaguchi

————————————–
英国オーラソーマアカデミー資格講座 レベル1(GWクラス)
日程 2019年5月3日(金)~6日(月)全4日間
https://ameblo.jp/grace-yamaguchi/entry-12375685224.html

 

Twitterボタン