状況に無関係に愛に溢れているのが一番安全って?:「はじめてのオーラソーマ」第42号

 
 

はじめてのオーラソーマ No.042 2016.11.15

みなさん、こんにちは。

えつこです。

今日もメルマガ「はじめてのオーラソーマ」をお読みいただき、ありがとうございます。

今日は第42号、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」です。

前回のテーマ「不安を抱く」はいかがでしたか?

まだお読みでない方は、ぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

今日のテーマは、「無条件の愛」についてです。

無条件の愛というと、「それってなんだろう?」と、むずかしく思う人が多いのではないでしょうか?

逆の「条件付きの愛」の方が、ピンとくるかもしれません。

なぜなら、私たちは生まれたときから、ほとんどを条件付けの愛のなかで育っているからです。

生まれてすぐは、両親からの愛情を得るために、なにをすればいいのかが本能でわかっています。

泣いて笑って怒って、いろいろな方法で注意を引くようにアピールしていきます。

そして、もの心がついてくると両親以外のまわりの人へ、大人になって恋愛をすれば恋人との関係など、いつも最大の愛情を得るために、いろいろな策を使っていきます。

それは、自動的に行われると言ってもいいかもしれません。

そこにはたくさんの戦略や、かけひきが行われるため、本来の自分ではない別の力が働きます。

自然と逆の方向にあることは、本来持っている生命にも逆らっていると言えますね。

そこで、今日のはじメルでは、「無条件の愛」について考察してみました。

それでは、ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー」を、どうぞお読みください。

 

ぱりさんの「お悩み別 ご相談コーナー21回目:【無条件の愛】

今の時代は不思議に不安定な時代ですよね。

たまーに、ひとつのサイクルの変わり目に

こんな時代がやってくるようです。

ほんとうは、いつの時代にも

先のことなどわからないのが当然なのですが、

ただそのわからなさが

極大に達するように見える時期があるようです。

その時代のことは、たとえば、

こんなふうに考えるとわかりやすいかもしれません。

ものごとはすべて円環運動によって動いていると言われます。

そういう感じって、なんとなくわかりますよね。

たとえば、悪事をして、

最短距離でものごとをうまくいかせようとしても、

それでうまくいくのはごくわずかな間だけで

じきにその悪事の結果が戻ってくる感じです。

ちょっと古い映画ですが

『太陽がいっぱい』

という映画を観たことがありますか?

その映画の最後のシーンは、

いちど見たら忘れられない

とても印象の強い場面でした。

つまり、ある悪事によって

富も恋も得た満足げな若者の前に

最後にその悪事の結果が

現れてくるという、

ちょっと恐ろしいような美しい場面でした。

映画では象徴的にその結果は

最後の最後になって現れてきます。

でもじつは、その悪事は

いつもその若者の背後に控えていたのです。

あれ、円環運動の話はどこへいったんだ? (?_?)

という感じですが、(^_-)

じつは、円環運動というのは、その登場人物の

直接の視野からは見えないのです。

円環運動はじつは上からしか見えない。

ゼンマイなんかをイメージすると

簡単にわかります。

ゼンマイ状の道を歩んでいる者には

道はまっすぐ前に進んでいるように見えます。

でもじつは上から見ていると

ぐるっと円を描いて循環しているのです。

そのゼンマイのひとつの輪を横から見れば

あるところで止まってしまいますよね。

それは柱時計の振り子の動作にすると、

折り返し点のようなものかもしれません。

一瞬、そこで行き止まりのように見えるのです。

でも行き止まりに見えるのは、

視野の次元が低いからです。

柱時計の振り子が一方に振り切るときは、

戻るためのエネルギーを溜めているのです。

極点にまで達すれば戻るに決まっているのです。

不安定な時代には先のことを心配して、

一喜一憂するしかないようにも見えます。

でも、ほんとうは、ただ円環運動をしているだけです。

だったら、どうせ同じことなら、

できれば心配なんかしたくないですよね。

じゃ、心配に代わる、いちばん安全な態度とは

どんなものだと思いますか?

それは、ただ愛にあふれていることです。(*^_^*)

えー、そんなことできっこなーい、

自分に関係なーい、と思いますか? (^_-)

でも、もしできれば、それがいちばん安全らしいですよ。

たまたま、自分や他人と見えるのは

夢のなかのゲームの規則にすぎないんですから。

つまり、状況や条件に関係なく、

ただ、愛にあふれているのがいちばん安全です。

すべてが、ゲームなんですから。(^^;)

というわけで今回は、

オーラソーマ辞書で、

【無条件の愛】というキーワードを検索してみました。

そして、その周辺の

ただ愛することに関連するような

キーフレーズを拾ってみました。

こんなキーフレーズが出揃いましたよ。

無条件の愛

「B081 無条件の愛」

メインテーマ:思いやりと理解。愛と自己受容の必要。

「無条件の愛」とは、その状態に向けてサポートしようとするエネルギーということです。

 

依存しない愛

「B022 再生者のボトル/目覚め」

メインテーマ:依存しない愛

「依存しない愛」とは、そのような状態に向けて人をサポートするエネルギーということです。

 

無条件の愛で接する

「B020 スターチャイルド」

メインテーマ:あらゆる領域で子どもたち、そして、子どものころの私たち(インナーチャイルド)をも援助する

「無条件の愛で接する」とは、その方向に向けて人をサポートするエネルギーということです。

 

無条件の愛を経験する

「B052 レディナダ」

メインテーマ:無条件の愛を経験する

「無条件の愛を経験する」とは、文字どおり、その方向に人をサポートするエネルギーということです。

 

愛のパワーに目覚める

「B080 アルテミス」

メインテーマ:愛のパワーに目覚める

「愛のパワーに目覚める」とは、文字どおりその方向に向けて人をサポートするエネルギーということです。

 

無条件の愛への扉を開く

「B023 愛と光」

メインテーマ:自己愛を取り戻す

「無条件の愛への扉を開く」とは、文字どおり、その方向に向けて人をサポートするエネルギーということです。

 

無条件の愛を感じる助け

「B045 ブレスオブラブ」

メインテーマ:愛のギブアンドテイク

「無条件の愛を感じる助け」とは、文字どおり、そのようなサポートするエネルギーということです。

 

自他に対し愛にあふれている

「B061 サナトクマラとレディヴィーナスクマラ」

メインテーマ:個人的な喪失、個人を超越した獲得

「自他に対し愛にあふれている」とは、文字どおりその状態に向けて人をサポートするエネルギーということです。

 

無条件の愛によって変容過程を通る

「B098 大天使サンダルフォン」

メインテーマ: 我々の中にいるインナーチャイルドが、我々自身である天使になる

「無条件の愛によって変容過程を通る」とは、文字どおり、そのような方向に向けて人をサポートするエネルギーということです。

愛がすべての生命の基礎と知っている

「B021 愛への新しい始まり」

メインテーマ:愛への新しい始まり

「愛がすべての生命の基礎と知っている」とは、文字どおり、その状態に向けて人をサポートするエネルギーということです。

みなさん、いかがでしたか?

ダントツでピンクのイクイリブリアムが多かったですね。

ピンクは、ありのままを生きる色です。

表層には人格があり、次にたくさんの意識があり、そのなかの層にはたくさんの感情があります。

そして、そのもっともっと中心には、「愛」「平和」「自由」といった、私たちの本質とつながります。

私たちがありのままを生きることができるほどに、その中心の層とつながることができます。

それは分離のないスペースで、ワンネスと呼ばれるスペースです。

この層につながるために、今たくさんの経験をして、自分の内面を見つける機会がもたらされているように思います。

今日のイクイリブリアムはピンクがいっぱいでしたが、ピンクのポマンダークイントエッセンスのレディナダも、ピンクとつながることをさらにサポートしてくれます。

愛はいつでも、あなたのなかにあふれています。

たくさんのわかちあいができるよう、まずは自分の愛を満たすことからはじめませんか?

ピンクをイメージするだけでも、やさしい想いがわいてきますよ。

それでは、よい1日を。

えつこ

 
 
 

☆読者のみなさまからの声をお待ちしております☆

メルマガ「はじめてのオーラソーマ」は、まだまだ発展途上中。

読者のみなさまとの交流のなかで、あらたな可能性をどんどん模索していけたらと思っております。

ご意見&ご感想&そのほかなんでもシェアしたいことがありましたら、お気軽に、コメントをこちらまでお送りください。

ご質問もこちらで受付けております。

みなさまからのメッセージを、心よりたのしみにしております☆

 
 

OSHO Art Unity

info@artunity.com
TEL 0467-23-5683
http://d.aura-soma.co.jp/