魂の鏡

魂の鏡

 

「カラーのヒーリングエネルギー」から by リチャード・レヴィントン

       

アメリカのスピリチュアル誌「Yoga Journal」のライター、リチャード・レヴィントン氏のレポートを継続してご紹介しています。

 

彼は今から30年前のロンドンでのあるホメオパス(同種療法家)から受けたオーラソーマのコンサルテーションが縁で、英国テットフォード州のリンカンシェアのデヴオーラで、マイク・ブースのコンサルテーションを受けます。

 

自分が選んだボトルの解釈として、マイク・ブースの口から出てくる言葉のあまりの的確さと洞察に驚嘆したリチャード・レヴィントンは、アメリカに帰ってからマイクに勧められたボトルを使いつづけます。

 

そして、ボトルの穏やかな効果の過程で、自分にとっての問題が結果的にすべて治癒したことを自覚します。

 

なぜこんなことが起こるのか、リチャード・レヴィントンはオーラソーマの根本的なフィロソフィーに関心を持つのです。

 

彼は、このシステムの創始者であるヴィッキー・ウォールの語っていることの意味を理解しようとします。

 

本当に、オーラソーマはスピリチュアル世界への広報マンとして、最高の人材に出会ったといえるでしょうね。

       

——————————————————————
魂の鏡

 

どのようにして、それらのカラーオイルを自分の身体につけることで魂の障害を癒し、その人の人生を変容するのだろうか?
その私の疑問は、後日理解したところによると、オーラソーマのカラー理論の核心にせまるものであり、その理論というのはすなわち、私たちの身体というのは、生きているカラーとエネルギーの発光体だというものである。

「オーラ」とは光であり、「ソーマ」とは存在のエネルギー体のことをいう。
だからオーラ・ソーマとは「魂の鏡である」とヴィッキー・ウォールは言う。
「その人のオーラというのは人間の魂の本質なのです」と。

 

 

ウォールは経験に裏付けられた威厳を持って、色彩に満ちた存在の光、すなわちオーラについて語る。
彼女は子どものころから、人のオーラの秘密を見通す能力に恵まれていた。
そして、その彼女の「第二の視力」は彼女が中年になって、突然の眼低出血によって目が見えなくなったとき非常に高まったと、彼女のセラピストとしての回顧録である「カラーヒーリングの奇蹟」で語っている。

 

「言葉や服装、外見、これらすべてのことは全く重要ではありませんでした。
 何ごとも内側にあるその人の真実の姿から私の目をそらすことはできませんでした。
 私は人々の感情や考えていることに完全に気づいていました」 

 

この、文字どおり、内なる視力(洞察)により、ウォールは健康と病気を診断する鍵をつかんだのだった。
というのも乱れた、不調和なオーラは、いつも肉体の病気のまえぶれだからだ。

 

「そのオーラを知り、それをまず最初に治療することが根本なのです
 このことがほとんどいつもといっていいぐらいに病気の根本原因なのです。
 身体的、精神的、霊的な病気は内側のオーラの障害が外側に表われたものなのです
 このバランスボトルのシステムは身体や感情のバロメーターとして働くだけでなく、それは過去、現在、未来のことを教えてくれるのです。
 それは真の自己についての知識を提供し、それらがひとたび明らかにされ理解されることで、癒されるのです」
(この項続く)

 

        『リビング・エナジー』Vol.1(p14)
——————————————————————–

 

【身体的、精神的、霊的な病気は内側のオーラの障害が外側に表われたものなのです】

 

【バランスボトルのシステムは身体や感情のバロメーターとして働くだけでなく、それは過去、現在、未来のことを教えてくれるのです】

 

このあたりの言葉は、もうオーラソーマにとって外側の人間の言葉ではなく、オーラソーマの内側から発信される言葉ですね。

 

リチャード・レヴィントン氏もそうせざるをえなくなったのでしょう。

 

pari 記

 

 

 

     

Twitterボタン