Daso さんのピュタゴラス数秘学(オーラソーマ通信244号より)

メルマガ「オーラソーマ通信」では、毎月一度 Daso さんに「ピュタゴラス数秘学」を連載していただいています。

        
「ピュタゴラス数秘」は、占いとしてではなく、「自分らしさを見いだすこと」に視点をおいた数秘です。サイトの更新にともない、個人セッションが受けやすくなっています。また通信講座やライブクラスのコース料金が設定されました。いま一度ごらんください。
http://pnaj.net

今月は「自身への愛」と「地球のいやし」に焦点を合わせた「個人周期数のメッセージ」です。生年月日の月と日の数、そして今年の宇宙周期数2をたして一桁にしたものが個人周期数です。
(8月10日生まれなら8+1+0+2=11...1+1=2...個人周期数2となります)

個人周期数1
「私」はこう考え、「私」はこのように行動する、といったふうに自分の考えを主張したくなる時期です。その「私」とはいったいだれでしょう? 今こそその問いかけが大きな意味を持ってきます。あなたが何にフォーカスし、どこへ向かおうとしているのかを今一度確かめてみるときではないでしょうか? 自分に自信を持つのは完璧にオーケーです。でも、あなたはほんとうにあなた自身を愛していますか? 大切にしていますか? ほんとうの望みに耳を傾けていますか? 真のあなた自身から動いていく勇気を持っていましょう。

個人周期数2
人と人、地球と人、あなたと彼や彼女、あなたのまわりにはさまざまな関係性があり、あなたはその中でけっして独りぼっちではありません。人がいなくても、そこには海が、空が、山があります。あなたを取り巻く環境、状況に気づきを向けましょう。どんな小さな問題も、一人で解決しようとせずに、他者の協力を求めること。あるいは、宇宙の声に耳を傾けてみましょう。その行為の中にあなたは自分に対してやさしくいるというかかわり方を見いだすでしょう。

個人周期数3
他者に愛を与えることに夢中になればなるほど、自分へのケアを忘れてしまうということにあなたは気づいていますか? そうです。いまのあなたがしていることは、他者への奉仕であり、内側の渇きに気づいていないのだとしたら、あなたの与えようとするものは期待や願望を含んだ重いものになってしまうでしょう。まずはあなた自身が幸せでいることが大切であり、実のところ相手もそれを望んでいるのだというのをおぼえていることです。今月のあなたは緊張をリリースさせる必要性に直面するでしょうが、それはあなたへのケアが必要だと言うメッセージです。

個人周期数4
地に足をつけて一歩ずつ前進するというとき、あなたは辛抱強くあるべきです。走ってはダメだし、焦りも禁物。足の裏が地面から浮いていないかどうかをつねに確認していましょう。その意味で、土に触れることや木のそばで静かに坐ることはあなたの心を落ち着かせ、意識をハラから下に移してくれます。そしてまたあなたがより意識的にこのことをとらえていくのなら、自分のゴールを「今ここ」という地点においてみましょう。どこへ行くこともなく、何を達成する必要もありません。一瞬一瞬を楽しみながら、足を踏み鳴らし、祝福のダンスを踊ることです。

個人周期数5
思い切った行動が求められるとき。それは何も無茶をすることではなく、勇気を持ってあなたの自由を尊重するための行動です。このことが何を指しているのかはあなただけが知っていること。関係性においても、仕事に関してでも、最初の一歩は何があなたを不自由にしているかに気づくこと。そして、それをその場で表明し、周りの人々に対して正直に告げ、そのときどんな感じがするかを見守るのです。あなたが恐れていたことはいったい何だったのか? そして、それを乗り越えるというのがどれほど心地良く、どれほど新鮮さをもたらしてくれるかをしっかり実感することです。

個人周期数6
感情の嵐に吹き飛ばされそうになるくらいエモーショナルな日々を過ごしている感じがするかもしれません。それというのも、あなたがより自分自身にフォーカスしているからです。そんなふうに考えたことはないかもしれませんが、感情のコントロールが利かないというよりも、内面のエネルギーが高まっており、あなたはそのことに気づきはじめているということです。この状態をけっして否定的に受けとってはいけません。あるいは受けとる必要はないのです。ダイナミック瞑想がもっとも相応しい瞑想でしょうが、それを精いっぱい楽しんでみましょう。

個人周期数7
ふとした瞬間に、内側がくつろいでおり、何も考えないでいる状態を見いだすかもしれません。あるいは、何でこうもマインドが忙しいのだろうと自己批判や嫌悪感に苛まれるときもあるでしょう。それらのすべてをただ見守って、「これもまた過ぎ去る」というのをおぼえておくことです。今月のあなたにもたらされるエネルギーは、あなたが「瞑想的な日々」を過ごせるよう静けさを運んできます。それを「退屈さ」ととらえて忙しなく動き回るのはあなたの勝手ですが、そのエネルギーの恩恵を得ようとするのなら、一日一時間でも目を閉じて坐ることを週間付けてみることです。生はつねに必要なものを運んでくるのだというのがわかるでしょう。

個人周期数8
自分一人の利益を考えるのはむしろ楽なことかもしれません。大勢といっしょに楽しみながらダンスし、そして全員がそこで得られる生のジュースを分かち合うという方向性がいま求められています。周りで起こっていることに敏感でいましょう。にぎやかな音楽が聴こえてきたらのぞき込んでみることです。笑い声のするところには活発なエネルギーが集まっています。すべての物事から学び、吸収し、消化していけるのだというのを知ったとき、あなたはいままでにない閃きを得て驚くはずです。創造性という種子が庭の隅々にまで飛び散ったかのよう。。。

個人周期数9
苦手なことがあってもそれはそれでオーケーです。完璧でいようとしないこと。あるいは不完全さを許すこと。自分に対しても人に対しても、厳し過ぎないかどうかを見つめてみましょう。そして、もし自分にむち打っている部分を見いだしたなら、
「私は私にむち打っている」「これは私の問題だ」と言葉に出して言ってみるのです。そのことに意識的でいましょう。そうすることで、そこに関連するいろいろな問題点を見いだしていくことになります。こんなにイージーな月にハードでいるのは自然の流れに逆らうことです。

        
「ピュタゴラス数秘学」は月一度の連載です。来月もまたお楽しみに。

        
新春注目のワークショップ

直感的ヒーリングワーク
“オーシャニック・スパイラル・テクノロジー”
南は沖縄から北は札幌まで、日本全国をいやしのエネルギーが駆け抜けます。
http://pnaj.net/courses/ost.html

5月のゴールデンウィ―クはガンガのサトリで! 「私とは?」「愛とは?」「信頼とは?」インテンスに問い続け、トータルに独りを見つめる究極のリトリートをあなた自身にプレゼントしませんか?
http://who-is-in.in/ganga/satori_g.html

そして、サトリのあとは静寂へのダンスです。ダイナミック瞑想のドラミングで知られるルペッシュのリードで、「独りの静寂」をお祝いします。
http://who-is-in.in/rupesh/music_meditation.html

Daso Saito プロフィール
92年に日本ヴォーグ社から『100年数秘の本』を出版。以来、数秘学の分野では草分け的存在となる。数秘学の他にタロット、易学などにも精通しており、リーダーとして37年、ティーチャーとして20年のキャリアを持つ。
06年5月にPNAJ「ピュタゴラス数秘学アカデミー」を設立。数秘学講師養成講座をスタートさせた。これまで11名の講師を育てたが、そのうち数名はすでにティーチャーとして活躍している。2008年からはABH認定取得コース「ヒプノシストレーニング」のオーガナイズも手がけており、自身もヒプノシストとして活動を始めている。
http://pnaj.net

☆ランキングに参加しました!! 
クリックお願いします↓
人気ブログ・ランキング