Daso さんのピュタゴラス数秘学(オーラソーマ通信253号より)

メルマガ「オーラソーマ通信」では、毎月一度 Daso さんに「ピュタゴラス数秘学」を連載していただいています。

        
「ピュタゴラス数秘」は、占いとしてではなく、「自分らしさを見いだすこと」に視点をおいた数秘です。サイトの更新にともない、個人セッションが受けやすくなっています。また通信講座やライブクラスのコース料金が設定されました。いま一度ごらんください。
http://pnaj.net

5月の月の周期数は5=自在性と自由のエネルギーがやってきます。
それをどんなふうにあなたの人生に取り入れるかは、あなた次第です。メッセージを参考にしていただければ幸いです。
まずは、あなたの個人周期数を出してください。生年月日の月と日の数、そしてお誕生日が来ている人は今年の宇宙周期数2を、まだの人は昨年の宇宙周期数1をたして、合計を一桁になるまで換算します。
(9月10日生まれなら誕生日がまだなので、最後は1を足します。
9+1+0+1=11...1+1=2...個人周期数2となります)

個人周期数1
行為する中での瞑想——たとえば聴いているときよりも話しているとき、目を閉じて坐っているときではなく、歩いているとき、掃除をしているときーーなどにも内側の静けさを保っていられるかどうかを見つめてみましょう。そうすることで、起こっていることに自在に応答する力が目覚めます。何もすることがなく、行くとこもなく、ただ内側にくつろいでいるという空間がどんどん広がっていくがままに。

個人周期数2
少し引いたところから、外側の動きを見守ろうとするあなたがいます。そうすることが心地良いなら問題はありませんが、ほんとうの気持ちを押さえ込んでしまっていないかに十分な注意を向けてあげてください。あなたはどんなときでも自由でいるのだということを忘れないで。どんな感情でも、素直に表現するなら、それはかならず受け入れられます。上目遣いで相手を見ないで、まっすぐに見つめてごらんなさい。

個人周期数3
感情の起伏についていけないと思うくらい浮き沈みの激しいときですが、ちょっと注意深く見守るなら、そこに今までにない興奮の感覚があることに気づきませんか? そう今月のあなたは何であれ新しさの中に動いていっているようです。むしろその興奮を認めてあげれば、すべての感情がもっとたやすく表現され解き放たれていくでしょう。「ゆるす」ことが鍵です。水の中のワークなどからだがくつろぐことをしましょう。

個人周期数4
ともだちとの会話の中で「心に引っかかる」ことがあったとき、ひと呼吸して内側を見つめてみましょう。そのときいったい何が起こっているのか? なぜそれを口にしないで黙ってしまうのか? あるいは感情的な反応になってしまうのか? 要点は、そこで引っかかったことを状況や相手のせいにしないで、自分の内側に目を向けるなら、すべてのことがあなたにとっての大いなる気づきになるということです。 

個人周期数5
結果を求めて急いでいませんか? あるいは何に億劫になっているのでしょう? そのときのあなたは唯一たった今の次元に“いない”ためのことをしていることに気づきましょう。そして気づいた時にはいつでも「今ここ」という戻ってくることができることにも。そこに奇妙なジャッジがない限り、今月のあなたのムーブメントは瞬間ごとの「驚き」との出会いを祝うセレブレーションです。ヤッフー!

個人周期数6
新しさに足を踏み出す時期だということはわかっているけれども、まず気持ちを整理したいとか、ちょっとだけ待ってほしいという気分になっていませんか? その一瞬の居心地悪さを脇によけようとしないで、しっかりそれとともにいてみましょう。自分で選んだ豊かな土地に、自分で選んだ種をまいている自分をイメージしてみることは役立つかもしれません。しっかりと着実に種を蒔いたら、あとは芽吹くときを待つだけなのです。

個人周期数7
「自由」と「わがままさ」をはき違えていないか、「自在性」ではなく「エネルギーの浪費」になっていないかをしっかり見守るときです。言い換えると、多大なエネルギーがやってきている時だから、それを上手に使うようにということです。そして同時に注意していましょう。良いとか悪いとかの判断は何の助けにもならないということを。「自由」が良い、「わがまま」が悪いのではなく、その時どんなスペースにいるかを見守ることです。

個人周期数8
価値観の違いゆえに関係性が終わってしまうというのでは、そこから学ぶことは僅かです。そうではなく、相手をあるがまま受け入れるという方向性は、あなたに多くの気づきを与えてくれます。そして、あなたがこの人生から何を得ようとしているのかに気づくことができたなら、どんな関係性にもただ感謝があるだけでしょう。その時のあなたはあらゆる束縛から自由です。深いくつろぎがやってくるのを感じてごらんなさい。

個人周期数9
起こっていることにとても受容的でいる自分を見つけたら、それだけであなたの今月はすべてがスムーズに流れていきます。反対にいろんなことに抵抗する自分を見つけたら、頭打ちするたびに、それでも前進しようとしている自分がいることに気づきを向けましょう。あなたは何も間違っていないし、むしろあなたの自由に向かって、積極的に足を進めているのだということをおぼえていることです。良い感じですよ!

        
「ピュタゴラス数秘学」は月一度の連載です。来月もまたお楽しみに。

        
5月の注目のワークショップ
5月16、17日
WATER HEALING “ウォーター・ヒーリング”&ヒプノ・ナイト
新宿から70分。相模原市の温水プール付きキャンプ場「桐花園」で行われるウォーター・ヒーリングワークとヒプノシスのガイダンスで究極のくつろぎを味わってみませんか? 温泉でくつろぎ、パワー気功で目覚め、森林浴を浴び...あなただけの時間を満喫してください。
http://pnaj.neWt/courses/waterhealing.html

5月23、24日
ルペッシュの「ドラミング・WS」で足を踏み鳴らし、ほんものの汗をかいて踊りましょう!
http://who-is-in.in/rupesh.html

今年注目のワークショップ
今年の夏に注目されている「ABH(米国催眠協会)認定書取得コース“ヒプノシス・トレーニング”」はすべてのセラピーの基本です。ワークショップ「過去の傷をいやすためのヒプノシス」およびプレマナンダの個人セッションなども受付けています。
http://www.hypno-japan.com/

Daso Saito プロフィール
92年に日本ヴォーグ社から『100年数秘の本』を出版。以来、数秘学の分野では草分け的存在となる。数秘学の他にタロット、易学などにも精通しており、リーダーとして37年、ティーチャーとして20年のキャリアを持つ。
06年5月にPNAJ「ピュタゴラス数秘学アカデミー」を設立。数秘学講師養成講座をスタートさせた。これまで11名の講師を育てたが、そのうち数名はすでにティーチャーとして活躍している。2008年からはABH認定取得コース「ヒプノシストレーニング」のオーガナイズも手がけており、自身もヒプノシストとして活動を始めている。
http://pnaj.net

☆ランキングに参加しました!! 
クリックお願いします↓
人気ブログ・ランキング