小林清美さんより「地形とサトルボディのハーモニー:≪グラストンベリーエクスペリエンス≫と≪チャクラへの旅≫のお知らせ」

こんは。

今年のオーラソーマ7月のサマーシークエンスコースに参加します、小林と申します。

今回、個人的に大好きなオススメコースのなかの2つをお知らせしたいと思います。

≪グラストンベリーエクスペリエンス~地形の中での瞑想~≫
日程/2019年7月8日(月)~11日(木)

こちらはマイク学長が20年以上グラストンベリーの地とワークしつづけているオーラソーマ(R)システムにも深く関わるコースです。

このコースの醍醐味は、グループの意図とその瞬間のインスピレーションで訪れるポイントが決められるということです。

途中に発見したミステリーサークルに立ち寄ることも!

私が以前参加し、強く印象に残ったいくつかの場所があります。

ここを訪れるのは10年ぶり・・・というキリストと関係のある場所でした。
(残ったのは印象だけで場所の名前を忘れてしまい、すみません!)

その草原にわけいると、まるで時空が止まったような感覚になりました。

草原の草木がスローモーションで風に流れているような、聞こえてくる英語や他の国の言語が一瞬、口を動かすだけでひとつに聞こえてくるような不思議な体験をしました。

ほんとうに時空を超えた感覚とはこんなふうなのかな・・・と思いました。

もちろん、その後は通訳のサポートがなければわからない一瞬の出来事でした。

そして、なんといってもグラストンベリー・トー(通称ミカエルの塔)です。

ミカエルライン(男性性)と呼ばれるレイラインとマリアライン(女性性)のレイラインが交差している神聖な統合の場所で、世界のハートチャクラとも呼ばれています。

強い風のなかグループで瞑想をしていると、背中が温かくなりハグされたような感覚になったのを覚えています。

それがなにかはわかりませんでしたが、目を閉じてトーからの景色を想いだすたびに、その感覚がよみがえります。

大好きなチャリスウェルガーデンは、四季の花々と木々の緑が美しい、まさに妖精が住む楽園のようです。

チャリスの井戸の水は癒しのエネルギーとしてイクイリアムボトルにも使われています。

散策や瞑想の時間があるので、心ゆくまで、自分の感じるスペースで、そのエネルギーを受け取ることのできる場所です。

ポイントによってすばらしくエネルギーの違いが感じられますので、ぜひ堪能してください。

とにかく散策するだけでも楽しいです。

≪~A JOURNEY INTO THE CHAKRAS チャクラへの旅≫
日程/2019年7月13日(土)~16日(火)

プロダクツの原料となるハーブを、どんなところで、どのように育てられているのか興味を抱いていた私は「シャイアファームを見てみたい!」と胸をふくらませていました。

そこでワークをしたり、瞑想をしたりできるコースがあることを知り、毎年のように参加しました。

それは約8年前のことです。

1995年からバイオダイナミック農法を再現し、農場のチャクラシステムを歩く瞑想ともいえるのではないでしょうか。

マイク学長いわく「美において歩く」ことで私たち自身の気づきと地球自体の意識の旅をサポートするまさに、地球にコミットしたコースです。

はじめて訪れたときは、そこにある広大さだけではなく(おかえりなさい)と囁かれているような懐かしさと解放感で満たされました。

年を追うごとにチャクラシステムが整えられ、この土地に迎えられたシンボリックなチャクラストーンたちは、世界中から長い旅を経て、この地形をともにサポートする聖霊たちのもとで佇んでいます。

訪れるたびに、この地上のアートは地球全体に深く働きかけ、天井に広がる鮮やかなホログラムは、宇宙にあるあまたの星たちと源に贈られているようにも感じます。

訪れた人々とともに歩くたびに、遠い過去に互いにわかちあった魂が、再会を歓び、旅の続きを語らう時間のようで、私にとって幸福なひとときです。

チャクラウォークがスタートしたころ、マイク学長が「シャイアファームはグラストンベリーと同じように多くの人々が訪れる場所となるだろう」と話をしてくれました。

いまデヴオーラとファームのあるテットフォードの地形と、グラストンべリーとの関連や聖地といわれる神秘的なつながりをあらためて興味深く感じています。

興味のある方は小冊子の『ハグワージンガム農地に於ける神秘の寺院』というリチャード・レビトン氏の考察とマイク学長との対談が記されたものがありますので、ぜひ読んでみてください。


https://artbeing.com/cd_book/aurasoma1/BLJ08.html

そのなかでレビトン氏は「テットフォードは水瓶座の神秘的な寺院であり・・・無名でありながら将来に大きな可能性を示している土地です。地球上にある重要な聖地56か所のなかのひとつとして私の著書に収めました」と語っています。

またレビトン氏は、「聖地とは地球の表面(肌)にあたる経穴であり、互いに影響しあいながら地球のバランスに働きかけている」とも言います。

この2つの旅は、心魅かれた方の特別な時間と仲間たちに出逢う機会になると想像します。

シークエンスでお会いでたら、とてもうれしいです。

………○…………○…………○………

小林清美 プロフィール

オーラソーマ(R)ティーチャー
茨城県出身 Energy Work Space elmony主催
ドイツ式バイオレゾナンスセラピーと
オーラソーマのコンサルテーション、
ティーチングを開催している。
https://www.facebook.com/kiyomi.kobayashi.716

————————————–
「グラストンベリー エクスペリエンス
 ~地形の中での瞑想~」
日程 2019年7月8日(月)~11日(木)
費用 £1144.80
※宿泊料(ホテルツインシェア)、1日3食、およびサイトへの入場料・授業料を含む。

————————————–
「A JOURNEY INTO THE CHAKRAS ~チャクラへの旅~」
日程 2019年7月13日(土)~16日(火)
費用 £1086.76
※宿泊料(ルームシェア)、1日3食、およびサイトへの入場料・授業料を含む。

*個人旅行になりますのでヒースロー/ハンバーサイト空港までの航空チケットは各自ご用意ください。
現地までの送迎、通訳アレンジは別途料金となります。

*2つのコースの締切日は6月15日ごろとなります。

〇コースに関するご質問やご相談は小林までご連絡ください。
TEL 029(306)0321
E-mail eimony@isuieni.com
https://www.facebook.com/kiyomi.kobayashi.716

 

Twitterボタン