500号記念エッセイ:黒田コマラさんの≪B111 大天使ダニエル──新しいボトルの誕生≫

メルマガの500号記念特集として新企画募集をしていますが、たくさんのご応募、ありがとうございます。
皆さまからのアイデアを取り入れつつ、新しい「オーラソーマ通信」へと脱皮していくことができればと思います。
このオーラソーマ通信も500号、配信しはじめてから、はや10年になります。
10年といえばひと昔・・・変化の早いIT時代においては2世代も3世代も変化があったといえるでしょう。
そのなかで、このような長い年月を経て、発行しつづけることができていることは、それはそれで意味があることですが、オーラソーマも大きく変化してきているのを感じます。
オーラソーマに関わっている方々の世代も変わり、より新しい時代を担っていく方々が、自分たちのものとしてオーラソーマを使うことによって、新しい意義を見いだしていくことができるようになるでしょうし、オーラソーマ自体も、良きものは残しつつ、時代の要請にあわせて変化していかなければ、取り残されてしまうでしょう。
オーラソーマが生きているエネルギー、リヴィングエナジーということを表明しているのは、そのプロダクトに生きているエネルギーが含まれているという意味とともに、オーラソーマが時代の変化とともに変わりつづけていることにもその理由があります。
そして、新しい時代の要請にあわせて誕生してくるボトルも、また生きているエネルギーとしてこの世に誕生してきています。
そこで、今回は、メルマガの500号記念特集のひとつとして、オーラソーマのイクイリブリアムボトルを世に生みだしているマイク・ブース氏の専属通訳であり、かつオーラソーマティチャーでもある黒田コマラさんに、ボトルの誕生に最も近い立場から「B111 大天使ダニエル」の誕生について語っていただきます。
どうぞ、お楽しみください。
尚 記

B111 大天使ダニエル

新しいボトルは、どんなふうに誕生してくるのだろう?
オーラソーマシステムを学んだことのある人なら、誰もが一度は考えたことがあるかもしれません。
まず、「誕生」と呼ぶこと自体が神秘的です。
昨年末、12月14日に新ボトル、大天使ダニエルが誕生しました。
「B107 大天使ツァフキエル」「B108 大天使ジェレミエル」に続いて、12月14日生まれのボトルはこれで3本目、三つ子のようです。
12月14日は、日本では赤穂浪士の討ち入りの日なので、私はひそかに討ち入りボトルと呼んでいました。(笑)
マイクの周辺にいると、ときどき「こんな色のボトルが生まれてくるよ」と、彼が誰かに囁くのが聞こえてくることがあります。それがいつ生まれてくるのかは分からないのですが。今回、大天使ダニエルの誕生を聞いて、その色を見たとき、その「囁き」を鮮明に思いだしました。
それは、もう何年も前のことです。
コースに参加していたKさんに、マイクが唐突に「あなたの着ている洋服の色の組み合わせのボトルが生まれるよ」と言いました。
私もそれを聞いて、これから生まれてくるボトルの秘密を、こっそり聞いたような感じで嬉しかったのですが、それから次々とボトルが生まれても、いっこうにその二色の組み合わせを見ることができず、いつしかマイクが話したことさえも忘れてしまっていたのでした。
そして、12月14日に生まれた大天使ダニエルを見たときに、「あのときの二色だ!」と、Kさんの着ていた洋服の色が、私の記憶に鮮やかによみがえってきました。
それはまるでマイクのメッセージが、時空を超えてどこかに保管してあったかのように、そのときを待っていたかのように、私にとってはボトルの誕生とともに、世界に放たれたかのようでした。
Kさんも、そのことを思いだされたようで、そのことをFacebookに書いておられました。
また、「B98 大天使サンダルフォン」のボトルは、ヴィッキーのパートナーだった、マーガレットに由来するボトルであることは、ご存じの方も多いと思います。

B98 大天使サンダルフォン

あるとき、マーガレットとマイクが南アフリカで、赤い土道の両端に、ライラック色の花が満開になったジャカランダの並木道を歩いているとき、「いつかこんな色のボトルが生まれるといいわね」と、マーガレットがマイクに話したという逸話があります。
そして、その色のボトルが、マーガレットが亡くなった年である1998年に誕生しています。
このボトルは別名「マーガレットボトル」とも呼ばれています。
このように、いろいろな形でマイクに色の啓示がやってくるのでしょう。
昨年、イギリスに滞在時に、新ボトルが生まれるということで、皆でワクワクしていました。
お産がはじまったようだと微笑ましく感じていたのですが、同時期にオーラソーマ社に送られてきたクリスタルをマイクが紹介していて、これも新ボトルが生まれてくることのシンクロニシティのなかにあるのだと知り、大きな球体のラピスを見てロイヤルブルーがやってくるのだなと予感していました。

ラピスラズリ

結局、私たちの滞在中にボトルは誕生しませんでしたが、なにかが誕生するときは、その源の香りやエネルギーを、ともに運んでくるのではないかと思います。
誕生のプロセスのなかで扉が開く、といえばいいでしょうか。
それは素晴らしい体験であり、オーラソーマはスピリットからの贈り物なのです。
Love and light 黒田コマラ 記

       ………○…………○…………○………
黒田コマラ プロフィール
オーラソーマアカデミーの代表マイク・ブース氏の専属通訳を長年務め、オーラソーマの最新情報にも詳しく、日本人のティーチャーとしても第一人者として活躍されています。 オーラソーマに限らず、カウンセリングやセラピーなどのさまざまなトレーニングを体験し、タロット、ヌメロロジーなどにも造詣が深く、その気さくな教え方にも人気があります。

————————————– 英国オーラソーマアカデミー認定講座 リニューアルコース 「オーラソーマ(R)シンセシス~オーラソーマシステムの統合~」 日程 2014年5月15日(木)~18日(日)全4日間 時間 10:00~18:00(初日のみ11:00開始) 会場 鎌倉 和尚アートユニティ 費用 108,000円(参加費、修了証、税込) 定員 12名 講師 黒田コマラ ※オーラソーマレベル2以上修了の方が対象です。 ※レベル4認定コース、ティーチャー・CCC・プラクティショナー更新対応リニューアルコース http://tinyurl.com/lbgl4cn

☆ランキング、参加中です!!       
Twitterボタン Twitterブログパーツ