江尻貴美子さんのアストロロジーとオーラソーマ~ふたご座編

風薫る季節。
命の勢いもどんどん本格化し、自宅の隣では子猫たちが生まれて、毎日ミャーミャーと元気な泣き声が聞こえ、我が家の屋根ではスズメのヒナが孵り、セッションルームのマンションではツバメのヒナも誕生して、まわりでは新しい命が溢れてとっても元気!
子どものエネルギーって、ほんとうにすばらしいですよね☆
おりしも、昨日(21日)から、太陽はふたご座に入りました。

ふたご座

これから1ヶ月は「内なる子ども」のテーマ・「つながる」のテーマが大きくなります。
その土台となるテーマは「軽やかさ」
内なる軽やかさにも、ぜひフォーカスしていきたい1ヶ月です。
軽やかさというのは、ふたご座を支配する水星からきています。
水星は太陽系のいちばん内側で最も公転速度も速く、せわしなく軌道を回っています。
神話では、水星を司るのはヘルメス。

ヘルメス

羽のついた帽子とサンダルで、フットワークも軽やかに、あちこちにメッセージを伝えわたるメッセンジャーです。
水星(マーキュリー/ヘルメス)は、「つながる」の権化。
メッセージを持って、人と人がつながっていくので、そこから「言葉の神」「コミュニケーションの神」となり、場所から場所へとわたるので、そこから「旅の神」となり・・・。
数字を発明した神といわれるだけあって、言葉巧みなうえに、計算も早く、そこから「商売の神」ともなりました。
機転や細かさをも司るので、それが姑息に使われると、同時に「泥棒」や「詐欺」の神・・・な~んていう一面も☆
それは光であっても影であっても、どちらにせよ・・・
「軽やかなればこそ上手くいく」
・・・ことなのですね。

子どもたちも、まさに「軽やかさ」の象徴たる存在です。
子どものときに、親に頼れないからと必要以上にしっかり者過ぎてしまったり、小さいうちから親の目、人の目を気にし過ぎるあまり、頭をカラッポにして動く経験をしていないと、大人になったときに生きるのが・・・ちょっぴり苦しくなってしまう傾向にあるといわれています。
みなさんの「内なる子ども」は、軽やかでしょうか?
子ども時代に、軽やかさをじゅうぶんに経験してこれたでしょうか?
もっともっと可能性はあるのに、子どものころは、親が無条件で受け入れる絶対的な存在になっていたから、その親から注がれたエネルギーで歪んだ自己像と人生観が作られてしまう。
それが本人にとっては自分のすべて、人生のずれた土台にもなってきてしまう・・・。
立派な「人生脚本」ができあがるのです。 (↑これは心理学の「交流分析」という分野にも出てくる概念なんですよ)
親に言われて、さも絶対的に自分のすべてだと思っていたことは、ほんの一部分にしか過ぎないこと。
限られた条件のなかで、固定しきった自分だけが自分のすべてではなく、そこを超え、もっともーっと大きな自分のすべてに「Yes」と言い、それをありのまま受け入れることができるように・・・
ヴィッキーが、ふたご座に対応させた「B20チャイルドレスキュー」(ブルー/ピンク)も、おおいにサポートしているのだろうな、と想いを馳せます。

B020 Child Rescue / Star Child

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B020.html
そしてまた、過去において作られてしまった人生のズレた土台、そのギャップを戻していき、癒していくのは「タイムラインのヒーリング」たるオレンジ。
オレンジもまた、ふたご座に対応しているフルスペクトルです。

ふたご座のニューイーオンタロットに対応するのは「6 恋人たち」
トートタロットでは、結婚式の光景が描かれています。

6 恋人たち

まるで先ほどのヘルメス(メッセンジャー)が持っていた「カドゥケウス(伝令者)の杖」のように、黒と白・・・陰(女性性)と陽(男性性)が交互になった「錬金術のはじまり─イニシエーション」としての描写です。
それは・・・
「まずは受け入れるところから、すべての錬金がはじまっていく」
・・・ということの表れ。
受け入れるのは、相手かもしれないし、目の前の状況かもしれません。
錬金術には「分離し、而して統合せよ」というフレーズがあります。
無条件に受け入れることによって、いったん自分のなかにあるもの・今までのものをバラバラにする。
そして、互いにバラバラになったものから改めて統合されて、新しいナニカが生まれるわけなのですが、大人になるとバラバラになるのって・・・けっこう怖くなってしまいます。
受け入れるのも バラバラになるのも
ココロの軽やかさって、ほんとうに大切なんですね。
でも、「軽やかにならなくちゃ!」と、がんばらなくても大丈夫☆
「B6エナジーボトル」(レッド/レッド)は、「今までの自分が壊れる」恐怖をも易々と凌駕する、私たちが本来持っている潜在的なエネルギーを思いだす機会となるかもしれません。

B006 Energy Bottle

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B006.html
そこに光が入ればピンク。 「本来の」自分のすべてを受け入れるエネルギーです。
ふたご座を支配する大天使といわれている「B110大天使アンプリエル」もまた・・・

B110 The Archangel Ambriel

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B110.html
自分自身の中心に戻って(レスキュー) 愛を持って受け入れる 大いなるサポートとなるのではないでしょうか。
ただただ、大いなるプロセスを信頼できるからこそ、そこに「Yes」と言うからこそ、それをありのままに受け入れることができ、
つながる─交わることで、自分がバラける。
細かくバラけた方が、より調和的に自分を、いかようにも再び統合できる。
そこにある、大胆さと勇気。
勇気とは力づくのパワーではなくて、軽やかさ由来のものなのですね。
そこから、いろいろなものが内側で錬金されて、自分自身の新しきオリジナルも誕生していくのでしょう。
太陽が、ふたご座にいる1ヶ月は・・・
自分自身の「内なる子ども=インナーチャイルド」に、軽やかさを注いでみましょうか♪
過去から重くのしかかっていたナニカを、見つめて溶かせる機会です☆

おりしも、今週(5/18)から、水星がこのふたご座で逆行しています。(6/10まで)
いつもなら、自分のエリア(ふた座)に帰ってきた水星は、「ただいまー!」と、水星力が伸びやかにバンバン発揮され、ものごとをスピーディにこなせるときでもあるのですが、
逆行中は、むしろ逆。
ものごとの丁寧さ・慎重さを、ここしばらくは培う時。 スローダウンして、ゆっくりとした時の流れのなかで醸造する時です。
特に、今回逆行にスイッチした、ふたご座13度のテーマは・・・
見えないもので、ココロとココロをつなぐこと。
ラインやメールといった類では決してアリマセン☆
相手の「心」に想いを馳せること。 相手の「気持ち」を察すること。思いやり。
それが軽やかにできればできるほど、水星の「つながる」テーマに磨きがかかっていくようです。
さて、あなたは今・・・どなたの顔が浮かびましたか?
このひとときを どうぞ大切に☆
       ………○…………○…………○………
† Psyche †(プシュケ) 江尻貴美子(えじり きみこ) プロフィール http://psyche-as.com/profile.htm
英国オーラソーマ社公認ティーチャー(レベル2) 日本心理学会 認定心理士 日本トランスパーソナル心理学会会員 米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー タロット歴25年以上、占星術歴10年以上 ディヴァライトにてタロットと占星術のセミナー担当 HP http://psyche-as.com/as_s2.htm Blog http://ameblo.jp/ayura-psyche/
————————————– 英国オーラソーマアカデミー資格講座 レベル2 日程 2015年7月12日(日)、       18日(土)~20日(祝月)、         25日(土)~26日(日)全6日間 会場 プシュケ(千葉県松戸市/北松戸駅徒歩2分) 特典 占星術*特別1Dayセミナー(12,000円相当)参加無料 お問合せ 090-1665-9519/info@psyche-as.com
その他のスケジュールはこちら。 http://psyche-as.com/000.htm
☆ランキング、参加中です!!       
Twitterボタン Twitterブログパーツ