愛とともに巡るオーラソーマアストロロジー~射手座編

東京都心では観測史上初めての11月の積雪!

 

「射手座の初めなのに・・・雪?」

 

不思議な感覚とともに、ポッポッポッポッ・・・降る雪を眺め、このギャップをエンジョイしています。

 

 

さて、今回は射手座

22日(火)から太陽は射手座に入っています。

 

 

12星座は牡羊座から、火地風水、火地風水、火地風水・・・と、4つのエレメントを順番に3回繰り返し、ステージが成長していくのですが、

 

射手座からは、いよいよエレメント3巡目。集大成!

それぞれのエレメントが成熟した姿を見せていきます。

 

射手座は「スピリット」「自我」のテーマを持つの星座のアンカー。

 

牡羊座(活動宮)は、単純に「自分」というテーマ。

獅子座(不動宮)は、その「自分」をいかんなく表現するテーマ。

 

どちらも、自分が<自分だと思っている自分>に大いに「Yes」なのですが、

 

射手座では、自分に「Yes」と言っていく、
その深みが全然違ってきます。

 

 

「これが自分だ!」と思っていた自分だけが
自分のすべてじゃないかもしれないね~!

 

・・・と、既存の「個」を抜けだして、
まだ見ぬ自分存在Beingへと
スケール大きく どんどん広がっていくステージです。

 

ひとつ手前の蠍座で、それまで確固たるものだと思っていたものなんて、すべて同一化させていただけの錯覚だと知り、それらを脱ぎ捨て、軽くなった勢いで、箍がはずれたようにどんどん昇華していくステージが射手座

 

の星座の3つ目は「柔軟」宮をもって成熟とします。

柔軟・・・しなやかさ、なんですね☆

 

 

ひとつ手前の蠍座で、「自分」という小さなマインドの殻から、脱皮ができた存在(Being)は、

 

大いなる源とつながっている・・・

源に向かって素っ裸で100%開いている自分に対して「Yes」と言うのです。

 

ここまでくると、「Yes」の対象は
自分自身と、自分の向こうに透けて見える大きな源、両方なのでしょうね。

 

射手座は、その自分という存在を、

 

既存の個を超え、どこまでもどこまでも受け入れるからこそ
既存の個を超え、どこまでもどこまでも広がっていける、

 

(=スピリット)のテーマの究極の「Yes」のエネルギーになるのです。

 

「Yes」ブルーで表現されます。

射手座のフルスペクトルのブルーでもあるのですね。

 

 

ブルーの色の言葉には「天の意志」という言葉 もあります。

 

それは、あたかも自分のエゴではなく、
もっと深~いところから自分を通して、なにかをせんがために与えられた、大きく、そして神聖な意志とエネルギーに

自分がくっついているような・・・乗っかっているような・・・
そんな感じです。

 

素っ裸の自分に「Yes」と言えたとき、

 

やれるのか? やれないのか? 

・・・そんな結果なんて、もはやどうでもよく、
マインドが作った「困難トラップ」にも引っかからず

 

ただただ、スピリット(=の星座)の赴くまま
個としての囚われから解放され

 

自分という存在すべてを、大きなナニカにゆだね、

 

ただいる
ただやる
ただ進む

 

本当にブルーのゆるみ、easyのままで居続けられる・・・。

まだ見ぬ自分への信頼もまた、ブルーなんですね。

 

どんどん、どんどん、どんどん、どんどん
のびやかに探求していく
先へ先へと進んでいく

 

あたかも、ゴムの抵抗がなくなった風船のように、フワ~っと広がり、大きくなっていくエネルギーです。

 

そこには、力みがまったくなく、とても軽やかなんですね。

それは射手座の支配星=ガス惑星である木星の、フワ~っとした寛大さ、軽やかさからやってきます。

 

寛大さというのは、実は「やさしい」のではありません。
「細かいことを気にしない」だけなのデス☆

 

 

射手座のニューイーオンタロットに対応するイクイリブリアムボトルは「B14 新しい時代の叡智」クリアゴールド

 

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B014.html

 

一点の曇りもなく 自分に「Yes」と言うことは、
自分の存在そのものの輝きに戻っていく、を思いだしていくことなのかもしれません。

 

それは自分の存在の価値・・・自己価値(ゴールド)につながっていきます。

 

なにができるから・なにがあるから

 

そんなのは全然関係ナシ!
根拠なんて、なにもいらないのです。

 

自分という存在Being が

まだ、なにもない→やりだす→変化させていく→終わっていく・・・

 

コロコロが転がっていくような、そのすべての局面、道のりのすべてのプロセスが、ほんとうに瞬間瞬間、輝いているのです。

 

できなくて、できないな~と思ってもがいているのも輝き
あ~(泣)と落ち込んでいるのも輝き
それでもやりたいな~と思う、それも輝き
もしかしたら、そうじゃないかも・・・と、なにかを変えていくのも輝き

 

すべて輝きなんですね。

 

そして、そのどこを抜かしても成り立たない、
貴重な錬金プロセスの一つひとつなのです。

のプロセスです。

 

成功も、失敗も、はじまりも、終わりもなく、
すべての1コマ1コマを、スピリットは一瞬一瞬、新鮮に発火させているのです。

 

どんな自分でもあっても そのすべての局面が

 

すべての姿の自分に、愛を。
すべての瞬間の自分に、愛を。

 

 

射手座は柔軟宮なので、あーでもない、こーでもない、と
しなやかに紆余曲折し、時間をかけてできあがるエネルギーです。

 

あーでもない、こーでもないと、いろいろ考えるので、
「思想・哲学」なども射手座のテーマになります。

 

「専門職」もまた、ひとつのことに対して、あーでもない、こーでもないと、しなやかに幅を広げていくことができるから、その先へ先へと進め、道を極め、深めていくことができるのですね。

 

あーでもない こーでもないのスケールが小さければ
専門家・専門職になりますし、

 

スケールを大きくすると、存在Beingとして、
これをやってみる、あれをやってみる
あれじゃないなぁ、これかなぁ、と

自分の生きていく、その生き方をしなやかに変えていく。

 

それもまた、
人生の「旅」という、射手座のテーマになります。

 

支配性である木星

難しく考えず、イージーであれ。

 

そしてそのイージーなところで
はたと、フタをしていた「ここまでだ」と、イメージしていた自分の可能性が。むしろ逆に無限の可能性をすでに持っていることに気づいていくよう、促しています。

 

錬金「枠はずし」のしなやかさから、やってきます。

 

あーでもない、こーでもない、と 

 

今まで決めつけていた、その枠を外していくと

 

それは、なにかをやってきた 同一化ではなく、
そこに感じてきた 苦手感、劣等感、コンプレックス

自分じゃない自分と感じる、一般的にいう不快な体験・感情・・・
不安、悲しみ・・・そういったものも

 

すべて輝きのもとになるべく存在していた、ということに気づいていくのです。

 

だから大丈夫☆

 

その先を、愛を持って、信頼していきましょう!
どこまでも、愛を持って「Yes」と言っていきましょう!

 

あーでもない、こーでもないは、輝きそのものなのですもの☆

 

楽しんで、愛を持って、ヒーヒー言いながら
あーでもない、こーでもない をやってる自分を、かわいがってあげましょう。

 

そして・・・

 

「ああ、こういうことだったのか」と、統合されたものが、次の山羊座で光を放っていくのですね。

 

       ………○…………○…………○………

† Psyche †(プシュケ)
江尻貴美子(えじりきみこ) プロフィール

http://psyche-as.com/profile.htm

 

英国オーラソーマ社公認ティーチャー(レベル2)
日本心理学会 認定心理士
日本トランスパーソナル心理学会会員
米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
タロット歴25年以上、占星術歴10年以上

HP http://psyche-as.com/as_soge3.htm

Blog http://ameblo.jp/ayura-psyche/

 

————————————–
英国オーラソーマアカデミー認定講座
オンゴーイングエデュケーションデイ(シェアリングデー)
3つのスターを深める

日程 2016年11月30日(水)
会場 千葉県松戸市 プシュケ(北松戸駅徒歩2分)
お問合せ 090-1665-9519/info@psyche-as.com

 

その他のスケジュールはこちら。

http://psyche-as.com

 

 

 

 

 

 

 

Twitterボタン

Twitterブログパーツ