「カラーローズ」の“色の配置”を覚えよう(4):イエローの位置

●「カラーローズ」でのイエローの位置
第一の光“ブルーレイ”に次いで、<神>はどんな色を分光したでしょう。
そりゃもう決まっていますよね。(^_-)
絶対一元の世界から、意識宇宙のあらゆる彩りを体験するために、相対二元の世界を創造したかったんですから、やることは他にはありません。
すべての<すべて>が自分であることを知っている“神の視界”、その“独存”、絶対的“平安”で裏打ちした上で、その絶対の自己保証のジャンプボードの上に立って、今度はもう思いっきり、清水の舞台から飛び降りるしかないわけです。(*^_^*)
だって、どうしても「自ら」を分かった“自分”を、つまり“個別”を“体験”したかったんですから。
すべての<すべて>である<光>は、すでに片側に、“全体への視界”を表す「ブルー」を分光しました。
次には、もう片側に“個別への意志”の光を放つしかありません。
ここで躊躇したら、それはもう<神さま>じゃありませんものね。^^;
ただ、すべてを見通している<神さま>は、“個別への意志”を放つだけでは、その相対二元の世界が安定しないことも知っています。
<神さま>は今、物理次元の盤石の“基盤”を創造しようとしているんです。
「カラーローズ」には、“原因の世界”である意識宇宙での、天地創造の物語が秘められている、というのがここでの“見立て”です。(^_-)
となったら「カラーローズ」は、意識宇宙のすべての彩り、“原因の世界”のあらゆる位相(=心理)を展開し、網羅し、支持できなくてはなりません。
もし、「カラーローズ」が意識宇宙の森羅万象を支える“岩盤”だとすれば、時計の文字盤にも似たこの平面を、2点だけでは固定できませんよね。
中学校の数学で教わったように、平面を固定するには3点が必要です。^^;
たとえて言うなら、アダムとイブだけでは、人間世界が展開しないみたいなものかもしれません。
人間世界は、子供がいなければ安定して展開しませんよね。
つまり、“全体への視界”(ブルー)と“個別への意志”(イエロー)の二元だけでは、意識宇宙のあらゆる彩りを網羅するための“地取り”ができないというわけです。
それを知っている<神さま>は、“個別”を“体験”しようとする“意志”の光「イエロー」を、時計の文字盤の6時の位置にではなく、4時の位置に投光したのです。

原因の世界の森羅万象を表すオーラソーマの「カラーローズ」には、
      時計の文字盤の4時の位置に、イエローのライト
が投光されました。(ライトの大きさは文字盤と同じ大きさの円です。)
これで、「カラーローズ」には
       「青」(0時の位置)「黄」(4時の位置)
の“本来の二原色”が揃いました。
“原因の世界”である意識宇宙には、
     “全体への視界”(ブルー)“個別への意志”(イエロー)
という相対二元の世界を展開するための“本来の二極”が姿を現しました。
この“本来の二極”は、“結果の世界”である物理次元を展開するための「必要条件」ではあっても、どうやら「十分条件」ではないようです。(^^;)
さて、この“本来の二極”から、<神さま>はどうやって物理次元を安定させるでしょうか?

$オーラソーマ総合情報サイト・ブログ-カラーローズ

このコーナーは、以前[箸休め]として書いた内容を微修正しています。
オーラソーマとは一応“関係ない”という「免責条項」をお忘れなくね。(^^;)
pari 記