近代西洋哲学の合理論と経験論、そしてオーラソーマ

こんにちは、東京・アマーリエのティーチャー上野香緒里です。

私は現在サロン&スクール業と平行して、某大学で西洋哲学を勉強中。

私たちは生まれて成長する過程で「物事を認識する力」を発達させていきます。

情報としての知識だけでなく、善悪の判断や生きるための信念や価値基準なども、すべてこの「認識する力」にあたります。

生まれたての赤ん坊には、何かを認識する力はまだありません。

では、認識力はどのようにして私たちに備わっていくのでしょうか。

 

西洋哲学では16世紀以降この問題について、ふたつの理論の間で議論が交わされてきました。

一方は、ヨーロッパ大陸(いまのフランス・オランダ・ドイツ等)の思想家の間で広まった「合理論」と呼ばれるもの。

もう一方は、主にイギリスで広まった「経験論」と呼ばれるものです。

合理論の考え方では、人間は生まれながらに、ある種の観念が備わっている「生得観念」があると主張します。

たとえば正直さを美徳とすることや、殺人を犯してはならないということは、証明するまでもなく人間にとって当たり前の真理であるとされるし、それらは学校で学ぶ必要もなく、誰もが備えている共通認識でしょう。

合理論者は私たちが生得観念を持つが故に、互いを理解しあい、他者との合意点を見つけ、歩み寄ることができると考えました。

それに対して経験論の考え方は、人間は皆何も観念を持たない状態で生まれてくるとしました。

白紙(タブラ・ラサ)状態で生まれる私たちは、育つ環境や五感を通して、知覚する経験を重ねながら、認識力を培っていくのだと言います。

すると、当然その認識には差が出るので、それを尊重しあうことで、各人の個を引き立てあう、現在の西洋的な思想にもつながるものがあります。

このふたつの理論は、どちらが正しいと結論づけるものというよりも、西洋哲学の重要なテーマのひとつとして、今でもその議論が続いているものです。

みなさんはどちらが正しい、もしくは共感できますか?

 

この問題をオーラソーマに照らしあわせてみると、どうでしょうか。

オーラソーマでは、私たちは皆今生の使命や目的としての自分のパーソナリティ(個性や才能)を持って生まれてくる、なおかつ、それは今生の間変わることはないと言います。

そういう点から見れば、オーラソーマは合理論に近い考え方を持っているのかもしれません。(生得観念がある)

しかしコンサルテーションにおいては、4本のボトルを選び、4本とも、その人自身を表していますが、その意味するものは・・・

1本目/今生の使命と目的
2本目/ギフトや才能
3本目/今現在
4本目/未来

であるので、前半の2本のボトルは合理論的な生まれつきの自分を後半の2本のボトルは経験論的な生まれたあとの自分を表しているようにも捉えられるのではないでしょうか。

つまり私たちには、生まれたときから備えている観念(人格)もあるし、成長の過程で養われる観念(人格)もあり、それは1、2本目と3、4本目で表現される。

選んだボトルは4本とも「私」なのだから、そのふたつの観念を統合することがオーラソーマとして大切にしていることなのかもしれませんね。

私の個人的な考えとしては、不変的な自分と可変的な自分というふうに見ています。

もともとの性格は誰でもあって(同じ環境で育つ兄弟でも性格は違うように)、でも同時に、そのときの状態もその時々でありますよね。
(もともとの性格が穏やかな人でも何かの出来事があれば、たまには怒ることもあるように)

だから「私は穏やかな性格なハズなのに、こんなに怒ってしまってダメだわ~」と思わなくていいのです。

いろいろな自分を批判せず、やさしくありたいですね。

上野香緒里 プロフィール

オーラソーマスクール&サロン「アマーリエ」代表
英国公認オーラソーマティーチャー/レベル3(上級)
リコネクションプラクティショナ-/レベル1・2・3
奇跡のコーススタディティーチャー
コズミックダイアリー(13の月の暦)講師
ユニオミスティオイルセラピスト、レイキヒーラー

HP:http://www.amarlie.com
FaceBook:https://www.facebook.com/amarlie.co.jp
Blog:http://ameblo.jp/amarlie-kaori/
Tel:03(5228)4575/Fax:03(5228)4602
mail:info@amarlie.com
メルマガ登録はこちら:
http://www.mag2.com/m/0001540353.html

————————————–
英国オーラソーマアカデミー認定講座 レベル3

オーラソーマレベル2コース終了後30日空ければ、いつでも受講できます。
マスターボトルの順番に隠れたスピリチュアルな側面からの色彩の探求やコンサルテーションの実習、アウトワードリターンの理解等、オーラソーマを自分に統合するための4日間。
このコースを終了するとプラクティショナーとして活動することも可能です。

日程 2018年3月21日(祝木)~24日(日)全4日間
時間 10:00~15:00
会場 東京・神楽坂(飯田橋駅徒歩5分)アマーリエサロン
費用 86,400円(税込、テキスト代込)
※早割サービス有

お問合せ、お申込みはこちら。
info@amarlie.com

 

 


Twitterボタン