愛とともに巡るオーラソーマアストロロジー~双子座編

新緑薫る毎日、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
愛とともに巡る12星座と色(光)の旅、
前回は<持っているものにジャッジをしないで、すべてそのまま味わう愛>牡牛座でした。
今晩から太陽はおとなり・・・双子座に入ります。

双子座

持っているものを起点に、そこからコチョコチョひょいひょい動いていくのを、その動き方・・・「コチョコチョひょいひょい」を、そのまま存分にさせてあげるのが、双子座の愛。
双子座の親分(支配星)=水星の一番のテーマは「つなぐ」
「ない」と思っていたスペースでさえも、一瞬にして
あ! これならあるじゃん! と、なにか使えるものを鋭く見つけていけるのは双子座の特徴です。
アレとコレは別モノじゃん!・・・って、思わなくてもいいんじゃない?
アレの一部と、コレの一部を、一緒に使ってみたら・・・ソレができるんじゃない?
双子座の親分=水星の得意技
ジャッジじゃなくて、分析だけをする。
一瞬にして細かくデス☆
そこには「こだわり」ってものが実はあるようで・・・ないのですねぇ。
なので、切り替えがものすっごく早い!
ものすっごく早いから、なにかが壊れちゃった時の修復力・軌道修正力・順応性もこれまた抜群! 双子座は柔軟宮です。
また、風の星座でもあるので、さらに、それを軽やかにやってのける才能もあるのですね。
モノも、人も、出来事も、「つなぐ力」が総合的な仕上がりに直結すると言っても、過言ではありません。
ハンバーグの黄身な訳です。
そして、小さい・細かい。
小さければ小さいほど、その「つなぎ」は滑らかになり、緻密になり、よりナチュラルっぽくなって、あたかもつながっている・・・
というよりは、もともと溶けあっていたかのように、融合していくのです。
双子座のフルスペクトルはオレンジ
オレンジといえば、ガットフィーリング
ハラにドーーーン!・・・みたいなイメージもありますが、
その深いところに、ドーーーーン! とくるには
それまでの、ちっちゃいちっちゃいアクション、氣づきが、チミチミチマチマ・・・気の遠くなるほど積み重なっていくプロセスがあるのです。
あ~あ、そういうことか!
その洞察も、ちっちゃいアレと、ちっちゃいコレが、
シナプスのようにつながることによって、それらが溶けあい、統合した集大成として、あたかも本能のような深~いスペースから自然に湧きあがってきたもののように私たちは受け取るのですね。
ハートのなかのハンバーグの黄身。
上層下層ともにオレンジの「B26 ショックボトル/ハンプティダンプティ」は、バラバラになってしまったものを、ふたたびひとつにしていくテーマを持っています。

B026 Shock Bottle / Etheric Rescue

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B026.html
いったんバラバラになったものは 決して無くなったわけでも、終わったわけでもなく
バラバラにはなっているのだけれども、「そこにはある」のです。
錬金術。「分離し、而して、統合せよ」
バラバラになっちゃったね。
あ! こっちのバラとそっちのバラを、つなげて、溶かして、こんなんデキた♪
どんなに危うく見えていても、そこから、その存在の無限の可能性を、軽やかにひょいひょいと紡ぎだせるのも、また双子座と、双子座の親分=水星の底力です!
双子座のニューイーオンタロットに対応する「B6 エナジーボトル」(レッド/レッド)

B006 Energy Bottle

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B006.html
そして、リターンジャーニーの、消え入りそうでなかなか消えないまさに「B84 風の中のキャンドル」(ピンク/レッド)なのですねぇ☆

B084 Candle in the Wind

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B084.html
再構築のエネルギーは、決して重々しいものではなく
一つひとつ、ひと場面ひと場面が、ホント小さく、コマやか、細やか、軽やか、そして単純。
そこには分析はあってもジャッジはない。
だからこそ、ひたすら、ひたすら、やっていることの苦しさ、辛さを凌駕できるパワーを秘めているようです。
苦しさ、辛さを克服していく様子は、まるで肌に切り傷、擦り傷ができたとき、血を止めてくれる血小板のよう。
血小板はとっても小さいです。
小さいからこそ、それが集まると、ちゃんとモレなく、しっかりがっちり血を止めることができるのですよね。
小さいから 大きいことができる 小さいことに ジャッジしないから
いつまでも、いくらでも、ひたすらフットワーク軽くやっちゃうことができる。
「その場その場を、ただただやっちゃう<単純力>」が、すごいん ですね。
「続けよう」「続けなくちゃ」と思ってないから生まれるスゴさ☆
水星は、自分では遠くを見ないのです。
だからかえって遠くまで飛んでいける、いちばんのフットワーク・機動力を持っている。
しかも、とっても軽やかに!
水星力が豊かだと、なんでもできます。
プレッシャーを感じるアンテナが立つスペースがないんです。
ちっちゃ過ぎて (笑)
水星の「つなぐ」エネルギーが、ひょい、あ・ひょいと、アレとコレをつなげてくれる。
アレ足りない。あ! じゃあ、コレ使おう。 アレ欲しい。あ! じゃあ、こうしよう。
ジャッジがなければ、その可能性は、無限に紡ぎだされてくるのです。
そんな水星が支配しているのが、双子座なのですね。
「B110 大天使アンプリエル」(ペールローズピンク/ディープマジェンタ)は双子座を支配する大天使。

B110 The Archangel Ambriel
http://aura-soma.co.jp/products/equi/B110.html
「許し、自分自身を再び愛するために、自己受容をレスキューする」
ジャッジをも受け入れ溶かして、そこから解放されますように・・・。
双子座の愛は<ちっちゃいアクション>への愛。
小さく感じてしまう自分自身にも愛を。たくさんの愛を!
「こんなくらいじゃ」と思ってしまうすべてに愛を。
たくさんの愛を!
小さな一歩に愛を。出せた自分の足にも愛を!
今日はコレしかできなかった。
その小さな行為にも・・・愛を☆
また、小さな幸せを大きな幸せへと、どんどんつないでいくこともとても豊かにできる才能を持っています。
そこにあるのは、大きな幸せにも、実はそんなに頓着していない、ということ。
なにかにフィックス(固定)されるのも大嫌いなのが双子座です。
双子座はまた、「ことば」を司る水星の影響を、とても強く受けていますので、コミュニケーションの星座でもあります。
特に、双子座にいるときには、言葉にならなかった言葉にも、思わぬ形で言い放ってしまったその言葉にも、愛を向けていけるといいな、な~んて思う今日このごろ・・・。
愛を巡る天の旅。
双子座の一つひとつを刻む細やかさと、切り替えの鮮やかさ。ドーンと重~く頓着しない、その軽やかさ。
失敗、苦しさすらも、失敗のアレと苦しさのソレが分析されて、つなぎ直して錬金されれば、輝く明日になっていく!
だから、落ち込みにも愛を。
すべては、ちっちゃなカワイイ<進む1歩>になっている☆
       ………○…………○…………○………
† Psyche †(プシュケ) 江尻貴美子(えじり きみこ) プロフィール http://psyche-as.com/profile.htm
英国オーラソーマ社公認ティーチャー(レベル2) 日本心理学会 認定心理士 日本トランスパーソナル心理学会会員 米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー タロット歴25年以上、占星術歴10年以上 HP http://psyche-as.com/as_soge.htm Blog http://ameblo.jp/ayura-psyche/
————————————– 英国オーラソーマアカデミー認定講座 オンゴーイングエデュケー ションデイ(シェアリングデー) オーラソーマとアストロロジー 日程 2016年5月29日(日) 会場 千葉県松戸市 プシュケ(北松戸駅徒歩2分) お問合せ 090-1665-9519/info@psyche-as.com
その他のスケジュールはこちら。 http://psyche-as.com
☆ランキング、参加中です!!       
Twitterボタン