愛とともに巡るオーラソーマアストロロジー~蠍座編

みなさん、こんにちは。

 

昨年から世界で開催されてきたオーラソーマの「クリエイションデイ」が、先週末(16日)、とうとう日本でも180人位が参加し、開催されましたね。

 

私も参加してきました。

 

クリエイション(Creation)
クリエイティヴィティ(Creativity:創造性)

B43(ターコイズ/ターコイズ)

 

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B043.html

 

おりしも、ターコイズは これから(日曜日)太陽が入る蠍座に対応するフルスペクトル。

 

 

「おお、死と再生(蠍座)か・・・」

 

などと、想いを飛躍させながら参加した1日でした。

この日はすべての条件づけを外し

 

「何を言ってもいい」
「どんなイメージを創造、あ、変換間違い、想像してもいい」

 

こうなったらいいなを、みんなで出しあい、ビジョンを共有していきました。

 

おもしろいなぁと思ったのは、5年後、50年後、500年後の未来にどうなっていたいか? というテーマに・・・

 

「今と同じままがいい」という声が、まったく出てこなかったこと。

 

「〇〇の部分は残しつつ・・・」という表現が、ひとつくらい出ても良さそうだったのに、見事に皆無!

 

みな「変わっていきたい」と思っているんですね。

 

きっと「オーラソーマってこういうもの」と、オーラソーマに触れた人たちが、受講したコースや、ウェブなどで受け取ったイメージによって、自らの内側にしみこませてきたオーラソーマそのものの定義すらも

 

ほんとうに変わっていくのかもしれないなぁ・・・と思いながら、発表されたみなさんの意見を聞いていました。

ヴィッキー女史が大切にしていたこと。

 

「自分を思いだしたい人、いらっしゃい!」

 

その核心部「以外」の、私たちがあとからくっつけてきたこと。

 

それらを、どこまで時代の流れとともに

お着換え(=蠍座のテーマ・変容)

ができるのか・・・。

今まで「当然だ」と思っていたものは、根深いレベルであればあるほど、無意識的にマインドの奥まで

 

食い込んでしまっている。

 

まるで、蠍の尾っぽの針がS字フックのように、どこかにひっかかったまま取れなくなっちゃってる状態だけなのかもしれません。

当然と思い過ごしているときには、その「当然」には、わざわざ意識を向けることはしない=光が当たらない。 

 

「ほんとうにそれって、当然・・・なの?」

 

わざわざそこを見つめることは、
根深~い=暗い=パっとは見えずらいレベルを、どんどん潜っていくことになるのですよね。

 

その暗がりのなかで

無意識のうちにも囚われていた「S字フック」に気づき

一つひとつ、そのフックを外していく・・・
1枚、また1枚、皮を、殻を、マインドを、脱ぎ捨てていく・・・。

 

それはどんどん、その中心・核心・コアに近づいていくことにもつながります。

 

「今までのマインド」で知っていた領域よりも、さらにスケールアップした領域へと、つながっていく・開いていくんですね。

 

その深くて、暗くて、凄みのあるプロセスは、あたかもヴィッキー女史が蠍座に対応させた「B78 クラウンレスキュー」(ヴァイオレットディープマジェンタ

 

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B078.html

 

そして、蠍座の支配星である、冥王星に対応させた「B0 スピリチュアルレスキュー」(ロイヤルブルーディープマジェンタのようです。

 

 

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B000.html

 

 

深い深~い
自分達がまだ見ていない、深くて暗い部分に、愛を。

 

暗いから怖い
見えないものは「不安に駆られるナニカ」だと想いがち。

 

でも、大丈夫☆

 

自分が意識して知りえない
すべての可能性に、愛を。

 

そこに想像だけでつけた、良い/悪いのジャッジを手放し、
そのジャッジをもたらした、さらなる大元のナニカにも 愛を。

深みを進み、そのコアに辿りつけば、無限の可能性が

 

「すでに すべて そこにある」

 

なんでもあり、に気づいていくのです。

 

今までの当然が
「そうじゃなくてもいい(当然もある) かもね♪」・・・と

 

新しいステージの可能性と
軽やかに出会っていくのかもしれません。

 

 

乙女座のミッドトーンオリーブの土台の上に乗っかった→天秤座のグリーン

「B113 大天使カシエル」

 

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B113.html

 

オクターブの「ド」をもう一度鳴らす

このエネルギー(B113)が昨年の9月に誕生して以来、
「クリエイションデイ」が世界各地で開催され、

 

プロセスも進み、満を持して、世界でいちばんオーラソーマ人口が多いと言われる日本でも

 

O-live・・・しなやかに今を受け入れ(オリーブ/乙女座)
手放し (グリーン/天秤座)
今までの<同一化>を脱ぎ捨て(ターコイズ/蠍座)

 

コア(核)に戻って、コア(核)から、またはじめる

 

そして何度でも、何度でも、私たちは新たなステージに入っていく・・・

 

そんな第一歩が、こうして顕現化されたんだなぁと、200人近い仲間が集った会場で想いを馳せました。

 

“日本でのオーラソーマのゼロデイだ”

 

私たちが、すでに知っているオーラソーマだけがオーラソーマのすべてじゃない

もっともっと大きな可能性に開くとき。

 

蠍座に対応するニューイーオンタロットは「B13 新しい時代の変化」(クリア/グリーン

 

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B013.html

 

そして、リターンジャーニーは、「B91 フェミニンズリーダーシップ」(オリーブグリーンオリーブグリーン

 

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B091.html

 

タロットの絵柄は、回転扉で顕現されるステージがグルグルまわっていく光景ですね。

 

 

http://artbeing.com/aura-soma/reading/tarot-B091.html

 

 

去年・・・

 

≪蠍座のニューイーオンタロットに対応する「B13 新しい時代 の変化」(クリア/グリーン)は、またヴィッキー女史がかに座に対応させたボトルでもあり、そこから、蟹座のフルスペクトル・インカネーショナルスターの ゴールドへもつながっていきます。

 

ターコイズの「アナンダカンダセンター」とゴールドの「インカネーショナルスター」は、占星術的には、蟹座と蠍座の「B13」が鍵になって・・・という話しは、また来年に☆≫

 

・・・と、綴っていたので、その話をば簡潔に。

 

ターコイズゴールド、どちらも「B13」グリーン・・・手放しのエネルギーがあって、の自分、の光に開くのですね。

 

外側を外していき、コアに戻れば戻るほど、
私たちは無限の可能性を持った状態になる。

 

あたかも、すべての種類の細胞に分化できる能力のある、ナントカ細胞、幹細胞?、万能細胞?

 

・・・みたいな感じでしょうか。

 

どんな自分にもなれる!

 

ターコイズゴールド・・・この色の組み合わせも、また
新たなステージの扉を開きます。

 

「B83 オーブンセサミ」(開け~ゴマ!)ですね☆

 

http://aura-soma.co.jp/products/equi/B083.html

 

あなたは、どんな扉を開く? 

 

       ………○…………○…………○………

† Psyche †(プシュケ)
江尻貴美子(えじりきみこ) プロフィール

http://psyche-as.com/profile.htm

 

英国オーラソーマ社公認ティーチャー(レベル2)
日本心理学会 認定心理士
日本トランスパーソナル心理学会会員
米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー
タロット歴25年以上、占星術歴10年以上

HP http://psyche-as.com/as_soge3.htm

Blog http://ameblo.jp/ayura-psyche/

 

————————————–
英国オーラソーマアカデミー認定講座
オーラソーマ(R)エッセンシャルズ プレゼンターコース 

*オーラソーマを学んだことがない方もご参加いただけます。

日程 2016年12月7日(水)~9日(金)全3日間
会場 千葉県松戸市 プシュケ(北松戸駅徒歩2分)
お問合せ 090-1665-9519/info@psyche-as.com

 

その他のスケジュールはこちら。

http://psyche-as.com

 

 

 

Twitterボタン

Twitterブログパーツ