やさしくわかるオーラソーマ

第一章 オーラソーマってなに?

1 オーラソーマってなに?


オーラ・ソーマ(Aura-Soma) は、人間の意識の成長をもたらすためのものです。

Aura(オーラ)とは光、Soma(ソーマ)とは「身体」、「存在」、「生きているエネルギー」を意味します。つまり人間とは光の存在だと、オーラ・ソーマでは考えます。

オーラソーマは自分で選択する色を通して、私たちの最も深く秘められた側面を私たちが理解し、受け入れ、それを通じて、個人として成長する鍵をもたらします。

肉体、感情、精神、魂のすべてのレベルでバランスを取り戻し、くつろぎと気づきをもたらすためのカラーシステムです。色の言語、「虹の架け橋」を通じて自己と魂の間のコミュニケーションを促します。

オーラソーマはヴィッキー・ウォールによって1983年に、彼女の瞑想の中での啓示によってこの世にもたらされました。

イクイリブリアムボトル、ポマンダー、クイントエッセンスをはじめとする多くのプロダクトによって構成されています。

オーラソーマのカラーシステムの中心となるイクイリブリアムボトルは、110本以上からなる上下が二層に分かれた色とりどりのボトルであり、出来る限り自然の色を使用し、エッセンシャルオイルとハーブの抽出液、クリスタルと鉱物のエネルギーとの組み合わせからなり、古代からのカラーヒーリングの伝統を結合させたものです。オーラを活性化し、魂をケアーするよう働きかけます。

オーラソーマは「生きているエネルギー」です。そのすばらしい色彩と光と香りを通して、多くの人々のこころに触れ、私たちの持っている人格の様々な側面と魂を照らしだす鏡となってくれます。

オーラソーマは、異なったチャクラ(エネルギーセンター)を通して作用します。それぞれのチャクラは虹色からなるそれぞれの色の波長に共振しています。特定のオーラソーマの色と香りを施すことで、オーラ(身体をとりまくエネルギー体)に刻まれて残された魂の傷を癒し、心身の乱された状態を、私たちの本来の姿であるリラックスした状態に戻していきます。

それぞれの個がユニークな存在でありながら、全体と一つであるということにくつろぐことで、再び自分を愛することを助けてくれるのです。